大手前大学 通信教育部(通信制大学)の人間関係論

教養が深まるオンライン大学。 大手前大学 通信教育部

  • 入学説明会
  • 資料請求

人間関係論

※下記の科目詳細は2015年度開講科目です。

基本情報

単位数 2単位 授業方法 通信授業

授業内容

 人は社会生活の中で、常に誰かと影響しあいながら育ち、学び、他者との協力や競争を体験します。こうした人間関係の諸相に触れ、そこで生じる葛藤や心理状態を考察しつつ、望ましい人間関係について考える学問がこの人間関係論です。

 円滑な人間関係を築くためには、何よりもまず自分自身を知る必要があるでしょう。私たちは、他者に対してさまざまなイメージを抱くのと同様、自身に対しても特定のイメージを抱いていますが、その認識いかんによって対人関係が大きく変わりうるからです。本講義では、「自己理解」と「他者理解」の両側面から、さまざまな実証研究を踏まえつつ、人間関係の在り方について検討することを目的とします。

科目情報

学習内容 概要

人間関係のなかの自己

人間関係を築くとき、私たちは、相手に対してさまざまなイメージを抱くのと同様、自分自身に対しても特定のイメージを抱く。そして、自分の行動や感情の動きを見つめながら、相手に対してどうアプローチしていこうかと考える。
本章では、私たちがいかにして自分を知り、自己を評価し、それを他者へ表現するかについて考える。

出会いからの人間関係の展開

私たちは、ある人と出会ったとき、その人がどういう人であるか、見た目や態度から判断しようと試みる。このとき、わかりやすく目立つものを基準にしたり、時には思いこみによって相手のタイプを決めつけてしまうことがある。
本章では、対人認知や印象形成にどのようなメカニズムがあり、どのような思いこみが存在するかについて考える。

言語的・非言語的コミュニケーション

私たちは一生を通じて、さまざまな人を相手に、さまざまなメッセージを送り続ける。時には相手の気持が分からないと悩み、自分の思いをうまく伝えることができないと苦しむ。対人コミュニケーションは複雑かつ繊細なものであり、人間関係を築く上での中枢となるものである。
本章では、人と人のコミュニケーション、特に対面時の二者間のコミュニケーションの諸相について考える。

好きと嫌いの人間関係

私たちは、さまざまな人間関係の中で、ある人を好きになったり、またある人を嫌いになったりする。私たちはなぜ他者に心惹かれるのだろうか。また、どうすれば親密な人間関係を築くことができるのだろうか。
本章では、対人好悪や対人魅力と呼ばれる、この現実的かつ日常的なテーマについて考える。

援助の人間関係

あなたは人を助けたことがあるだろうか。また、人に助けられたことはあるだろうか。なぜ人は人を助けようとするのだろうか。1964 年にニューヨークで起きたある事件をきっかけに、援助行動にはさまざまな要因が関係していることが明らかとなった。
本章では、援助行動を引き起こす要因と、援助行動を阻害する要因について考える。

支配と服従の人間関係

私たちは、現代社会の中にあって、人に影響を与え、また与えられながら生活している。こうした影響力の相互作用は、時に支配と服従の関係を生みだす。このとき、相手から受ける影響力の根拠となるのが社会的勢力である。
本章では、社会的勢力の諸相について触れ、支配と服従の関係がどのような要因によって成り立つかを考える。

攻撃と対立の人間関係

誰しもこれまでに、誰かの悪口を言ったり、言葉を無視したり、罵ったり、時には暴力に訴えるなど、何らかの形で他者に対して攻撃行動を行ってきたことだろう。また、同様に、他者から攻撃を受けた経験も多いだろう。人はなぜ誰かを攻撃するのだろうか。また、こうした攻撃行動を促進する要因はどのようなものだろうか。
本章では、攻撃行動の諸要因について学ぶとともに、望ましい人間関係のあり方について考える。