大手前大学 通信教育部(通信制大学)の心理学研究法

教養が深まるオンライン大学。 大手前大学 通信教育部

  • 入学説明会
  • 資料請求

心理学研究法

※下記の科目詳細は2017年度開講科目です。

基本情報

単位数 2単位 授業方法 通信授業

授業内容

 心理学とは、心という「目には見えないもの」を研究する学問です。その「目には見えないもの」を科学的に研究するためには、(1)記述的方略、(2)相関的方略、(3)操作的方略(いわゆる実験法)、といった3つの研究方略が考えられます。本講義では、これら3つの研究方略に関係する各種の方法について学習し、理解を深めることを目的とします。

科目情報

学習内容 概要

第1回 「心」に対する実証的なアプローチ

心という「目には見えないもの」に対し、心理学ではどのようなアプローチを行ってきたか概観する。

第2回 科学と実証

実証的科学としての心理学研究について概観する。

第3回 観察法

観察法の特色と方法について学習する。

第4回 面接法

面接法の特色と方法について学習する。

第5回 実験法

実験法の特色と方法について学習する。

第6回 質問紙法

質問紙法の特色と方法について学習する。

第7回 セマンティック・ディファレンシャル法(SD法)

セマンティック・ディファレンシャル法(SD法)の特色と方法について学習する。

第8回 心理検査法1

心理検査法の特色と代表的な心理検査について学習する。

第9回 心理検査法2

心理検査の質を判断するための統計的な手がかりおよび、心理検査を行う際の留意点について学習する。

第10回 精神物理学的測定法

精神物理学的測定法の特色と方法について学習する。

第11回 横断的研究法と縦断的研究法

横断的研究法と縦断的研究法の特色と方法について学習する。

第12回 統計的仮説検定

統計的仮説検定の考え方および、心理学研究においてよく使われる各種検定について学習する。

第13回 実験計画法

心理学研究における実験計画法について学習する。

第14回 心理学研究と多変量解析

心理学の研究においてよく使われる、因子分析等の多変量解析について学習する。