大手前大学 通信教育部(通信制大学)のプレゼンテーション概論

教養が深まるオンライン大学。 大手前大学 通信教育部

  • 入学説明会
  • 資料請求

プレゼンテーション概論

※下記の科目詳細は2015年度開講科目です。

基本情報

単位数 2単位 授業方法 メディア授業

授業内容

 自分の持つ情報や考え、能力を他の人に伝え、理解してもらい、好意的に行動してもらえるように、限られた時間や条件の中で、最適の手法と技能を用いて行動することを「プレゼンテーション」といいます。いまやビジネスだけでなく、学生生活やプライベートでもプレゼンテーションは必須スキルだといえるでしょう。

 この「プレゼンテーション概論」は、ケーススタディを交えながらプレゼンテーションの基礎について学んでいきます。

科目情報

学習内容 概要

プレゼンテーションとは何か

プレゼンテーションが、社会における活動の効果をあげるために有利なノウハウであることを学ぶ

話す目的を考える

相手にどのような行動を求めるのかによって伝え方が異なることを、具体例を入れて学ぶ

聞き手の分析が成功のカギ

相手の情報を、どのようにして収集するべきかを学ぶ

組み立ては三段構成で

プレゼンテーションの一つの要素である、原稿作りの基本を学ぶ

会場設定とレイアウト

会場や環境などの物理的なものが、プレゼンテーションに与える影響を学ぶ

表現技術を工夫しよう

どのように表現すると、プレゼンテーションの効果があがるのかを、さまざまな手法を取り入れて学ぶ

話し方のテクニック

聞き手から好意を持ってもらえる話し方を学ぶ

非言語表現の力

視覚に訴える方法と内容を学ぶ

ビジュアル資料の種類と機能

ビジュアルツールの種類と特性を知り、目的や場面による使い分けを学ぶ

提示資料はインパクトが大切

効果的な資料の作成方法を学ぶ

レジュメの良さで差をつける

配布資料としてのレジュメ作成のポイントを学び、代表的なレジュメ事例を研究する

質疑応答を成功させるには

質疑応答が意見交換の場として重要であり、いかに活用するべきかを学ぶ

自分自身をプレゼンテーションする

これまでに学んだ基本知識と手法を元に、身近な題材でプレゼンテーションを実習する

コミュニケーションについて考えてみよう

プレゼンテーションがコミュニケーションの一つの形であり、一方向性の強い話し方であることを、事例を交えて学ぶ