教養が深まるオンライン大学(通信制大学)

教養が深まるオンライン大学。 大手前大学 通信教育部

  • 入学説明会
  • 資料請求

ピックアップ

2014.06.10【JMOOC】 俳句と川柳をあわせて学ぶ

俳句と川柳をあわせて学ぶ

川本先生と学ぶ大手前大学のeラーニング講座「俳句と川柳」

 
川本皓嗣先生
川本皓嗣 プロフィール
1939年大阪市生まれ、
学術博士(比較文学)。
日本学士院会員、東京大学・
大手前大学名誉教授、
国際比較文学会名誉会長、
元日本比較文学会会長、
正岡子規国際俳句賞選考委員。
授業画面授業科目名:俳句と川柳
担当教員:川本皓嗣
授業回数:15回
授業内容


同じ五・七・五の短詩でも、俳句は季語と切字を含む芸術的な自然詩、川柳はそのどちらをも含まない軽快なユーモア詩・人情詩というのが一般的な見方であろう。そうした通念はおおむね当たっている。
とはいえ、俳句と川柳がこれまでたどってきた歴史を考えても、またどちらもわずか十七字の極端に短い詩だという点から見ても、両者には意外に多くの共通点がある。
この二つをはじめから別物だと決め付けず、むしろ兄弟のように近いもの、一本の木の枝分かれしたようなものと考えて、それぞれに似たところや異なるところを観察してみれば、色々とよく見えてくるものがありそうである。
本授業では、俳句と川柳の成り立ちや発展のあとをたどりながら、それぞれの詩としての特性を考え、あわせて俳句・川柳の古今の名作をじっくり味わってみることにする。
 
通信教育課程で開講しているeラーニング講座「俳句と川柳」は、JMOOCで提供している「俳句-十七字の世界-」の内容をより深く学べる授業構成 となっています。
 

※大手前大学 通信教育課程「俳句と川柳」は2014年12月に開講予定です。また、一部の内容はJMOOC「俳句-十七字の世界-」と共通する部分があります。



 
【学習内容 概要】

第8回矛盾―表現・意味の構造(2)
第1節 矛盾法(1)
第2節 矛盾法(2)
第3節 矛盾法(3)

第9回 意義の方向づけ
第1節 干渉部の働き(1)
第2節 干渉部の構造(2)

第10回 「閑かさや」の句
第1節 「岩にしみいる蝉の声」
第2節 「閑かさや」

第11回 俳句の翻訳
第1節 俳句の翻訳における問題点
第2節 様々な俳句の英訳

第12回 芭蕉の桜
第1節 ミモロジスム
第2節 「花」と「桜」

第13回 川柳とは
第1節 川柳の成り立ち(1)
第2節 川柳の成り立ち(2)

第14回 川柳の構造
第1節 川柳の構造(1)
第2節 川柳の構造(2)

第15回 川柳の名作
第1節 川柳を楽しむ(1)
第2節 川柳を楽しむ(2)

大手前大学におけるJMOOCの取組


jmooc

学校法人大手前学園が設置する大手前大学(兵庫県西宮市御茶家所町6-42 柏木隆雄学長)は、一般社団法人 日本オープンオンライン教育推進協議会(略称:JMOOC)が提供する無料講義として、前学長の川本皓嗣名誉教授による「俳句―十七字の世界-」を公開することを決め、5月27日より受講者募集を開始いたします。
JMOOCは、eラーニング配信事業やコンテンツ制作を手掛ける企業と教育ノウハウを持つ大学などによる全日本規模での産学連携体制によって設立され、2014年4月より無償でのオンライン学習コンテンツの提供を始めました。「俳句-十七字の世界-」は、JMOOC発足当初より加盟している大手前大学が、西日本の大学として初めて提供する講座で、9月にはオンライン学習と対面学習を融合させた「反転学習」も開講いたします。

日本オープンオンライン教育推進協議会 (JMOOC)
http://www.jmooc.jp/
 

大手前大学 通信教育課程の特長




大手前大学 通信教育課程「俳句と川柳」を受講するには


本学通信教育課程の講座を受講するには出願いただく必要があります。
下記フォームより資料をお取り寄せの上、出願期間内にご出願ください。
2015年度4月募集では「正科生」「科目等履修生」「聴講生」を募集予定です。

【科目等履修生・聴講生とは】
興味のある科目を1科目から学べるのが科目等履修生・聴講生。
正科生の受講科目と同じ全科目(「卒業研究」除く)から自由に組み合わせて学べます。
科目等履修生は科目の単位を修得することができます。
聴講生は単位修得試験がなく、受講科目の聴講のみができます。
学習ペースや学び方のコツをつかみ、正科生に進学する「プレ入学」としての受講もおすすめです。

2015年度4月入学生募集
 
資料請求フォームはこちら


大手前大学 通信教育部事務室大手前大学 通信教育部事務室大手前大学 通信教育部事務室