社会福祉主事【任用資格】の資格について

教養が深まるオンライン大学。 大手前大学 通信教育部

  • 入学説明会
  • 資料請求

社会福祉主事【任用資格】

福祉事務所現業員として任用される者に
要求される資格

社会福祉主事は、社会福祉法第18条および第19条において、その資格が定義づけられている任用資格です。社会福祉主事は、福祉事務所等において、社会福祉各法に定める援護、育成又は更生の措置に関する業務に携わるケースワーカーとして働いています。また、社会福祉施設の施設長や生活相談員、社会福祉協議会の福祉活動専門員等としても働いています。

※ 任用資格とは、公務員が特定の業務に任用される時に必要となる資格です。

活躍の場

社会福祉主事は、福祉事務所等において、社会福祉各法に定める援護、育成又は更生の措置に関する業務に携わるケースワーカーとして働いています。
また、社会福祉施設の施設長や生活相談員、社会福祉協議会の福祉活動専門員等としても働いています。

資格の取得条件

  • 在学中に指定科目の3科目以上を修得(科目等履修生での取得は不可)
  • 大学卒業資格
    (本学において)※1

※ 上記すべての条件を満たす必要あり

取得に関する本学の開講科目

  • 心理学概論
  • 社会福祉概論
  • 精神保健学
  • 社会福祉援助技術
  • 医学一般
  • 障害者福祉