大手前大学 通信教育部(通信制大学)の青年心理学

青年心理学

※下記の科目詳細は2018年度開講科目です。

基本情報

単位数 2単位 授業方法 通信授業

授業内容

本授業では、青年期の諸理論を通して、身体的・生理的発達や自己意識の形成を中心に青年期の心身の発達が人間形成において重要な時期であることを認識し理解することを目的に行う。

科目情報

学習内容 概要

第1章 青年期と青年心理学

青年期は発達段階では、どのような時期に位置づけられ、どのような課題に直面しているのかを考えてみよう。

第2章 青年期の思考と感情

青年期特有の感情や思考的方向性を通して、価値観や生きがいについて考えてみよう。

第3章 身体とジェンダー

思春期以降の身体・生理的発達特徴や性役割観について考えてみよう。

第4章 自己とアイデンティティ

自己意識やアイデンティティとは青年にとってどのような概念で位置づけられているのか。またそれはどのようにして形成されていくのかを考えてみよう。

第5章 家族と友人

青年期の親子関係や友人関係は、どのように発達し、どのように構築されていくのかを考えてみよう。

第6章 学校と学習

青年期の多くの時間を過ごす「学校」での生活や就学することの意味を通して、青年期の生活意識について考えてみよう。

第7章 進路と職業

青年期のキャリア形成と職業観について考えてみよう。

第8章 社会と政治

青年期における社会的期待と役割、また社会参加について考えてみよう。

第9章 障害と臨床

思春期・青年期の問題解決にはどのようにしてサポートしていくべきかについて考えてみよう。

第10章 大人になること

大人になることとはどのようなことか?さまざまな社会的イニシエーションを通して考えてみよう。