大手前大学 通信教育部(通信制大学)の心理学実験演習A

心理学実験演習A

※下記の科目詳細は2018年度開講科目です。

基本情報

単位数 2単位 授業方法 スクーリング

授業内容

 心理学を学ぶ上で“実験”は欠くことのできないものです。本授業では、ある時は実験者として、またある時は被験者として、実際に心理学の実験に参加して実習を行います。様々な実験を通して得られたデータを各自が分析し、心理学における実験を通して研究の基礎の習得をめざします。

科目情報

学習内容 概要

第1回 オリエンテーション

心理学実験演習の概要説明をはじめ、授業履修にあたっての注意事項についてふれる。

第2回 実験レポートの作成について

論文やレポートを構成する項目(目的、方法、結果、考察)について学ぶ。

第3回 ミューラー・リヤー錯視

ミューラー・リヤーの錯視図形を例にとり、刺激条件と知覚判断との間における法則性について学ぶ。

第4回 ミューラー・リヤー錯視

第3回で実施した実験データを整理し、錯視量に与える角度の影響について考察することを目的とする。

第5回 ミューラー・リヤー錯視

第3回で実施した実験データを整理し、錯視量に与える角度の影響についてレポートを作成する。

第6回 投影法の基礎

あいまいな刺激材料を基にして、個人間の反応がどのように変化するのかについて学ぶ。

第7回 投影法の基礎

第6回で実施した実験データを整理し、反応の個人差や投影法について考察することを目的とする。

第8回 投影法の基礎

第6回で実施した実験データを整理し、反応の個人差や投影法について考察してレポートを作成する。

第9回 エゴグラム-TEG-

心理学において代表的な心理検査の一つであるエゴグラムを用いて、自分自身を客観的に把握する。

第10回 エゴグラム-TEG-

第9回で収集したデータを整理し、客観的指標を基に、自分自身について考察し理解を深める。

第11回 レポートについての講評

成果と課題を中心に、ここまでの取り組みを中心に振り返る。

第12回 語の記銘

無意味語の記銘を課題とした記憶実験を通して、記銘・保持・再生などの過程を含む記憶について学ぶ。

第13回 語の記銘

第12回で実施した実験データを整理し、記憶過程について考察することを目的とする。

第14回 語の記銘

第12回で実施した実験データを整理し、記憶過程について考察してレポートを作成する。

第15回 まとめ

ここまで繰り返し実施してきた実験を振り返り、今一度その成果と課題について振り返る。