大手前大学 通信教育部(通信制大学)の障害児・障害者心理学

障害児・障害者心理学

※下記の科目詳細は2018年度開講科目です。

基本情報

単位数 2単位 授業方法 通信授業

授業内容

 障害分類や障害の捉え方についての変遷を体系的に把握することで、障害について医療モデルと社会モデルの考え方を類別できるようになる。
 発達の最近接領域を理解しつつ、障害児(者)教育の変遷を知ることで、現代における障害児(者)教育にどのような課題があるかを踏まえ、学校教育の場における基礎的環境整備と合理的配慮について具体的な内容を考案し、説明することができるようになる。
 障害の概要と障害受容のプロセスについて理解し、本人や家族の心理に留意することの重要性を考慮することで、支援の方法について具体的な計画を立案することができるようになる。
 学校心理学における第1次、第2次、第3次援助サービスの内容とヘルパーの役割を理解することで、個々の障害特性に応じどのようなリソース(資源)を用いれば、どのような効果が期待できるかについて整理し、個に応じた内容から集団・環境に及ぶ内容まで、多角的な支援の手立てを立案することができるようになる。
 様々な障害の定義と障害児(者)の心理・行動特性・支援の実際について理解することで、それぞれの個に応じる必要性を踏まえ、様々な支援方法から適切なものを選択して、提案することができるようになる。
 障害児(者)の社会参加を促進することについて、これまでの講義で得られた知識を体系的に整理し、障害者の権利に関する条約を引用しながら自らの考えを述べることができるようになる。

科目情報

学習内容 概要

第1回 障害の概念

障害分類や障害の捉え方について習得することを目標とし、世界保健機構(WHO)による国際障害分類(ICIDH)から国際生活機能分類(ICF)への転換を踏まえ、近年の障害児・障害者を取り巻く国内外の動向について学習する。

第2回 障害児・障害児者の発達と教育

障害児(者)の発達について理解を深めることを目標とし、ヴィゴツキーによる発達の最近接領域の考え方を踏まえつつ、障害児(者)の教育の変遷について学習する。

第3回 障害理解・障害受容と家族支援

障害をどのように理解し、どのように受け止めていくのかについて理解することを目標とし、障害の理解及び受容の心理的なプロセスと障害児・障害者本人や家族への支援について学習する。

第4回 障害児・障害者への心理的援助

障害児・障害者の心理的援助について習得することを目標とし、学校心理学における援助サービスの構造的な理解と様々なヘルパー(援助者)の役割を学習する。

第5回 聴覚障害について

聴覚障害児(者)の心理について理解を深めることを目標とし、聴覚障害の定義を踏まえ、聴覚障害児(者)の心理・行動特性及び聴覚障害児(者)への支援について学習する。

第6回 視覚障害について

視覚障害児(者)の心理について理解を深めることを目標とし、視覚障害の定義を踏まえ、視覚障害児(者)の心理・行動特性及び視覚障害児(者)への支援について学習する。

第7回 肢体不自由について

肢体不自由児(者)の心理について理解を深めることを目標とし、肢体不自由の定義を踏まえ、肢体不自由児(者)の心理・行動特性及び肢体不自由児(者)への支援について学習する。

第8回 病弱について

病弱児(者)の心理について理解を深めることを目標とし、病弱の定義を踏まえ、病弱児(者)の心理・行動特性及び病弱児(者)への支援について学習する。

第9回 知的障害・発達障害の理解と定義方法

知的及び発達障害の概要を把握することを目標とし、精神疾患に関する診断と統計マニュアル(DSM)や国際疾病分類(ICD)に基づき、知的障害及び発達障害の定義について学習する。

第10回 知的障害について

知的障害児(者)の心理について理解を深めることを目標とし、知的障害の定義を踏まえ、知的障害児(者)の心理・行動特性及び知的障害児(者)への支援について学習する。

第11回 学習障害(LD)について

学習障害児(者)の心理について理解を深めることを目標とし、学習障害の定義を踏まえ、学習障害児(者)の心理・行動特性及び学習障害児(者)への支援について学習する。

第12回 注意欠如多動性障害(ADHD)について

注意欠如多動性障害児(者)の心理について理解を深めることを目標とし、注意欠如多動性障害の定義を踏まえ、注意欠如多動性障害児(者)の心理・行動特性及び注意欠如多動性障害児(者)への支援について学習する。

第13回 自閉症スペクトラム障害について

自閉症スペクトラム障害児(者)の心理について理解を深めることを目標とし、自閉症スペクトラム障害の定義を踏まえ、自閉症スペクトラム障害児(者)の心理・行動特性及び自閉症スペクトラム障害児(者)への支援について学習する。

第14回 心の理論と自閉症スペクトラム障害

自閉症スペクトラム障害の特性をさらに詳細に把握することを目標とし、バロン・コーエンによる「心の理論」課題の概要を踏まえた自閉症スペクトラム障害児(者)の心理について学習する。

第15回 障害児・障害者の理解とインクルージョン

障害児・障害者の社会参画について理解を深めることを目標とし、サラマンカ宣言や障害者の権利に関する条約を踏まえ、インクルーシブ社会の実現に向けた動向について学習する。