大手前大学 通信教育部(通信制大学)の心理学統計法

心理学統計法

※下記の科目詳細は2018年度開講科目です。

基本情報

単位数 2単位 授業方法 通信授業

授業内容

心理学では実験やアンケート調査などによりデータを収集し、理論や仮説にもとづいてそれらのデータを分析するという実証的なアプローチをとることが特徴的である。心理学の学習と研究を進める上で必要な心理統計についての知識を習得し、データ分析の手法を身につける。

科目情報

学習内容 概要

第1回 心理学と統計法

心理学に統計法が必要とされる背景と、心理学では統計法がどのように使われているかについて理解する。

第2回 記述統計1

平均、度数分布表、分散と標準偏差について学習する。

第3回 記述統計2

様々な代表値と散布度、各種グラフを用いたデータ表現について学習する。

第4回 測定の水準

4 つの尺度(名義尺度、順序尺度、間隔尺度、比率尺度)とそれぞれに適用できる記述統計について学習する。

第5回 統計的推測

正規分布および、標本から母集団を推測する区間推定と信頼区間について学習する。

第6回 2変数間の相関1

散布図と相関係数について学習する。

第7回 2変数間の相関2

クロス表について学習する。

第8回 統計的検定1

仮説検定の考え方について学習する。

第9回 統計的検定2

カイ二乗検定について学習する。

第10回 統計的検定3

t 検定(対応なし)について学習する。

第11回 統計的検定4

t 検定(対応あり)について学習する。

第12回 統計的検定5

分散分析(1 要因)について学習する。

第13回 変数とは

独立変数(説明変数)と従属変数(目的変数)の考え方について学習する。

第14回 統計的検定6

分散分析(2 要因)について学習する。

第15回 まとめ

本授業のまとめを行う。