大手前大学 通信教育部(通信制大学)の憲法

憲法

※下記の科目詳細は2018年度開講科目です。

基本情報

単位数 2単位 授業方法 メディア授業

授業内容

憲法の基本原理などを理解した上で基礎的な知識を習得する。今後の学習を自主的にすすめるための基礎学力を身に付ける。

科目情報

学習内容 概要

第1回 憲法入門・人権総論1(人権享有主体性)

憲法の特質を学ぶ。外国人の人権と法人の人権の主要な判例を学ぶ。

第2回 人権総論2(基本的人権の制約)

公務員の人権や憲法の私人間効力に関する主要な判例を学ぶ。

第3回 幸福追求権

憲法13条や新しい人権の意義を理解した上で、憲法13条に関する主要な判例を学ぶ。

第4回 法の下の平等

憲法14条の意義を理解した上で、憲法14条に関する主要な判例を学ぶ。

第5回 参政権・精神的自由権1

参政権の意義を学ぶ。憲法19条・憲法20条・憲法23条の意義を理解した上で、これらに関する主要な判例を学ぶ。

第6回 精神的自由権2

憲法21条の意義を理解した上で、これに関連する主要な判例を学ぶ。

第7回 経済的自由権

憲法22条・憲法29条の意義を理解した上で、これに関連する主要な判例を学ぶ。

第8回 人身の自由

憲法31条の意義やこれに関連する判例を理解した上で、第33条~第40条の内容を学ぶ。

第9回 社会権

憲法25条の意義やこれに関連する判例を理解した上で、第26条~第28条の内容を学ぶ。

第10回 国会1

国会の地位・構成や国会議員の地位等に関して学ぶ。

第11回 国会2

国会やその議院の権能等につき学ぶ。

第12回 内閣

行政権と内閣の地位(議院内閣制)、内閣の権能と責任につき学ぶ。

第13回 裁判所1

司法権の意義とその限界、裁判所の組織と権能等につき学ぶ。

第14回 裁判所2・財政

違憲審査制、租税法律主義、予算につき学ぶ。

第15回 地方自治・憲法改正

地方自治の本旨、地方公共団体のしくみ、憲法改正の手続き等につき学ぶ。