大手前大学 通信教育部(通信制大学)の医療人類学入門

医療人類学入門

※下記の科目詳細は2018年度開講科目です。

基本情報

単位数 1単位 授業方法 メディア授業

授業内容

医療人類学的研究を通して、健康・病気・医療について社会・文化との関係を学ぶことにより、健康・病気・医療に関する自らの考えをふりかえり、多様な観点から現状を理解し、比較し、分析して自らの意見を述べることができるようになる。また主体的に医療を選択できるようになる。
異なる社会、文化における医療、病気、健康に関する考え方を学ぶことを通して、グローバル社会における異文化理解を深め、他の社会文化の価値観を理解し、尊重できるようになるよう学ぶ。

科目情報

学習内容 概要

第1回 医療人類学とは

人類学、医療人類学という学問分野の誕生とその背景、研究分野と具体的研究例を学ぶ。

第2回 医療的多元論

医学と医療の違い、医療的多元論について概説する。

第3回 ヘルスケアシステム

医療人類学における疾病/病い/病気、治療と癒しの違い、ヘルスケアシステムについて概説する。

第4回 病いの語り

病いにおける病者とその家族の語りの特徴とその意味について概説する。

第5回 医療化

医療化について、様々な具体例をもとに学ぶ。

第6回 病人と社会

病いになった時の社会と個人の関係について、特に生物医学の医療現場における医師と病人の関係について学ぶ。

第7回 心と身体と文化・社会

心と身体が文化と社会とどのように関係しているかについて様々な観点から学ぶ。

第8回

近年の日本の医療人類学研究から、文化人類学・医療人類学的研究について学ぶ。