大手前大学 通信教育部(通信制大学)の対人コミュニケーションのトレーニング

対人コミュニケーションのトレーニング

※下記の科目詳細は2018年度開講科目です。

基本情報

単位数 2単位 授業方法 スクーリング

授業内容

コーチングの手法を用い、対立や葛藤が起きている状況で建設的なコミュニケーションをとりながら合意形成を得ていく話し合いの進め方を身につけることができるよう学ぶ。

科目情報

学習内容 概要

第1回 対人コミュニケーションの基本

本授業のオリエンテーションを実施します。対人コミュニケーションとは何かについて考察します。

第2回 人を動かす「論理と感情」

大事な場面でのコミュニケーションは論理で行われているようで、実は感情が重要な鍵を握っていることを考察します。

第3回 コーチングの基本

相手の答えを引き出す対人コミュニケーション方法であるコーチングを学びます。

第4回 コーチングの実践

演習を通してコーチング・スキルを磨きます。演習後は振り返りを実施し、個人のコミュニケーション課題を探索します。

第5回 学びの整理

1~4の学びを整理します。授業時間内にレポート作成し、提出していただきます。(レポート課題①)

第6回 コーチングの実践

1日目の学びを振り返ります。

第7回 コーチングの実践

ケースを読み、役割をもってコーチングを実践します。

第8回 アサーションの理論

アサーティブなコミュニケーションを学び、日頃の自分を振り返ります。

第9回 アサーションのトレーニング

演習を通してアサーション・スキルを磨きます。演習後は振り返りを実施し、個人のアサーション課題を探索します。

第10回 学びの整理

6~9の学びを整理します。授業時間内にレポート作成し、提出していただきます。(レポート課題②)

第11回 協調的問題解決の理論

win-winを目指す協調的問題解決の理論を学びます。

第12回 協調的問題解決の演習Ⅰ

win-winを目指す協調的問題解決の演習を体験します。

第13回 協調的問題解決の演習Ⅱ

win-winを目指す協調的問題解決の演習を体験します。

第14回 協調的問題解決の演習Ⅱ続き

演習を振り返り、学びを整理します。

第15回 全過程の学びの統合

全過程を振り返り学びを統合します。授業時間内にレポート作成し、提出していただきます。(レポート課題③)