大手前大学 通信教育部(通信制大学)のパズルで情報活用

パズルで情報活用

※下記の科目詳細は2018年度開講科目です。

基本情報

単位数 1単位 授業方法 メディア授業

授業内容

パズルといえば、どのようなパズルを思い浮かべますか。ジグソーパズル、テトリス、脳トレ、スマートフォンでみんな電車の中でやっているやつ、などなど様々なパズルありますが、この授業では「覆面算」、「セレクトワーズ」、「数独」の3つのパズルを厳選し、学習テーマとして扱います。
これらの3つのパズルを解く際には、いずれもデータ処理や数値処理を必要とします。能力としては、論理力、数理力はもちろんのこと、情報活用力も必要となってきます。パズルの解答や、パズルの表現の過程で、楽しみながら、頭も使いながら、情報活用力を養っていくことを目指します。
パズル問題は表計算ソフトExcel上に表現し、Excelの機能を用いて様々な処理を行っていきます。ですから、この授業はExcelの学習も大きなテーマの1つです。
【本授業の学びを通してできるようになること】
・「覆面算」、「セレクトワーズ」、「数独」パズルのルールを理解し、楽しむことができるようになる
・Excelの様々な機能を知り、それらを適切に扱うことができるようになる
・Excelで様々な関数や数式を正しく記述できるようになる
・コンピュータ操作やExcel操作を覚えて暗記するのでは無く、思い出し方を身につけることで、時間が経っても修得した内容を再度活用できるようになる
・情報検索、情報分析といった情報活用力を駆使して課題解決ができるようになる
・課題に直面したときに、それを成し遂げるための必要な学習を自ら定め、自ら修得することができるようになる(自己学習能力の向上)

科目情報

学習内容 概要

第1回 表計算ソフトでの数式活用

【第1回学習内容】
表計算ソフトでの数式の扱い方を学ぶ。教わるだけでなく、情報活用力を駆使して自ら課題解決できるようになることを目指す。
【第1回課題】
基礎的な関数の扱い方を確認するための問題を解きます。問題指示入りのExcelブックファイルを配布しますので、指示に従って関数を利用した数式を記述してもらいます。完成したExcelブックファイルをel-Campusでアップロード提出する、という課題です。(文書作成のレポート課題ではありません)

第2回 覆面算(1)

【第2回学習内容】
表計算ソフトを用いて覆面算を解くための補助ツールの製作に着手する。そのために必要な関数と数式の扱い方について学ぶ。
【第2回課題】
第2回の学習テーマの1つである表検索関数について、その関数の扱い方の修得と定着を目指して、Excel上で演習を行う。完成したExcelブックファイルをel-Campusで提出します。(文書作成のレポート課題ではありません)

第3回 覆面算(2)

【第3回学習内容】
覆面算を解くための補助ツールを完成させる。完成までの過程で情報活用力を駆使する。完成後のさらなる発展について考えをめぐらす。
【第3回課題】
第2回、第3回の学習を通して作成した覆面算を解くための補助ツール(Excelファイル)を提出する課題です。独自のアイデアを盛り込み、工夫を重ね、授業で完成したもの以上の作品を目指すことも良いでしょう。そのためのアイデア出し、質問、相談、意見交換、ヒント、手助けはディスカッション上で行われます。

第4回 セレクトワーズ(1)

【第4回学習内容】
表計算ソフトを用いてセレクトワーズを扱う。関数と数式の扱い方に加えて、数理力を用いた問題解決にも挑む。
【第4回課題】
第1回~第4回までに学習した関数について、その用途や使い方について確認するための確認テス
175
トを出題します。

第5回 セレクトワーズ(2)

【第5回学習内容】
セレクトワーズを解答まで導き、ツールの完結まで至る。情報技術の中の特にネットを活用して言葉の意味の検索を行い、課題解決を行う。
【第5回課題】
第3回課題と同じ形式の課題です。第4回、第5回の学習を通して作成したセレクトワーズ解答ツール(Excelファイル)を提出します。可能であれば、独自のアイデアを盛り込み、工夫を重ねます。そのためのアイデア出し、質問、相談、意見交換、ヒント、手助けはディスカッション上で行われます。

第6回 数独(1)

【第6回学習内容】
世界的に有名となり大流行を起こしたパズル、数独を扱う。数独のルールや特性を把握した上で、解答に向けての処理手続きを表現する。
【第6回課題】
第1回~第6回までに学習した関数について、その用途や使い方について確認するための確認テストを出題します。

第7回 数独(2)

【第7回学習内容】
論理力を駆使した適切なデータ処理について学習する。セルアドレスの相対参照、複合参照、絶対参照をそれぞれ適切に使い分ける。
【第7回課題】
第7回の学習の中で作成したExcelファイルを提出します。学習指示通りに適切に数式を記述できていれば課題達成です。(文書作成のレポート課題ではありません)

第8回 数独のまとめとパズルの情報活用力

【第8回学習内容】
数独ツールの完成と、その後の発展について議論を通して深めていく。パズル問題を扱いつつ養ってきた情報活用力について振り返る。
【第8回課題】
第3回、第5回課題と同じ形式の課題です。第6回、第7回、第8回の学習を通して作成した数独解答ツール(Excelファイル)を提出します。独自のアイデアを盛り込み、工夫を重ね、授業で完成したもの以上の作品を目指すことも良いでしょう。そのためのアイデア出し、質問、相談、意見交換、ヒント、手助けはディスカッション上で行われます。