大手前大学 通信教育部(通信制大学)の質的調査法

質的調査法

※下記の科目詳細は2018年度開講科目です。

基本情報

単位数 2単位 授業方法 通信授業

授業内容

・質的調査の考え方や基礎的な知識を習得し、それを使って質的調査の具体的な調査技法や分析方法を説明できる。
・調査の目的に合わせて、適切な調査技法と分析方法を組み合わせることができる。
・調査の実施にあたって、踏まえるべき調査倫理があることを説明できる。

科目情報

学習内容 概要

第1回 質的社会調査とは何か

質的社会調査とは、いかなる調査方法を用いて、どのようなタイプのデータを分析していくのかを学ぶ。特に、質的調査と量的調査のそれぞれの特徴を理解する。

第2回 質的調査の技法

質的データの代表的な収集方法であるフィールドワーク、参与観察、インタビュー調査の3つについて、それぞれの目的や詳細な手順、そこで得られるデータのタイプについて学ぶ。

第3回 質的調査の分析

参与観察やインタビュー調査によって収集した質的データの代表的な分析方法であるライフヒストリー分析、会話分析、ビジュアル記録の分析の3つについて、それぞれの詳細な手順について学ぶ。

第4回 質的調査の代表的研究

社会学、人類学、民俗学において行われてきた代表的な(古典的な)質的調査を紹介し、実際に用いられた調査の技法や分析方法の具体例を学ぶ。

第5回 質的調査の実施(1):問いを立てる

質的調査の実施にあたって最も重要である「問い」の立て方を学ぶ。また、問いと仮説の関係について理解する。

第6回 質的調査の実施(2):先行研究を調べる

調査対象に関連する先行研究、特に文献資料の種類と探し方を理解し、それぞれの資料の扱い方を学ぶ。

第7回 質的調査の実施(3):方法(技法)を選ぶ

調査の目的や対象に合わせた調査方法の選び方を理解し、その技法を用いて何をどこまで明らかにしようとするのかを学ぶ。

第8回 質的調査の実施(4):調査準備と調査倫理

調査を企画・設計し、調査を実地するための一連の手順を理解した上で、プライバシー保護や個人情報保護に関する調査倫理を学ぶ。

第9回 フィールドに入る(1):フィールドワークの基礎

調査地域への入り方や対象者との関係性づくりについて、具体例を挙げながら解説し、フィールドワークの「現場」を学ぶ。

第10回 フィールドに入る(2):フィールドノートの作成

参与観察や地域の巡検などで、さまざまな記録をとるために必要なフィールドノートの書き方を学ぶ。

第11回 フィールドに入る(3):フィールドワークを深める

フィールドワークでは、参与観察やインタビュー調査と合わせて、さまざまな交流会に参加したり、地元の博物館等を利用したりすることに意義があることを学ぶ。

第12回 インタビュー調査を行う(1):インタビュー調査の企画と設計

インタビュー調査の企画と設計の手順を解説し、インタビューの一連の流れを学ぶ。

第13回 インタビュー調査を行う(2):ライフヒストリーインタビュー①

ライフヒストリーインタビューの基礎を学び、フェイス項目(基本属性)の聞き取り方法を理解する。

第14回 インタビュー調査を行う(3):ライフヒストリーインタビュー②

ライフヒストリーインタビューを深めていくプロセスと、インタビューデータの分析方法を学ぶ。

第15回 報告書の作成

調査後にフィールドワークの概要や調査結果をまとめ、報告書として公表する方法を学ぶ。