大手前大学 通信教育部(通信制大学)の経済原論

経済原論

※下記の科目詳細は2018年度開講科目です。

基本情報

単位数 2単位 授業方法 メディア授業

授業内容

・ミクロ経済学、マクロ経済学の基礎・応用理論を、現実の経済現象・問題と関連付けて説明することができるようになる。
・ミクロ経済学では、微分を使った最適消費・生産の問題を理解し、1次関数、2次関数で表した需要・供給供給曲線から市場均衡の状態を計算できるようになる。
・ミクロ経済学の数学的理解をもとに、市場均衡の安定条件や社会的余剰、不完全競争市場の均衡モデル分析、ゲーム理論、さまざまな市場の失敗(自然独占、外部性、公共財、情報の非対称性)、国際貿易の交易条件、そして異時点間のミクロ消費選択理論とマクロ消費理論のつながりを理論的に、数学的に説明できるようになる。
・マクロ経済学に関しては、生産物市場におけるGDP (国内総生産)の45度線分析、産業連関分析、マクロ投資理論、金融理論、IS-LMモデル分析による財政・金融政策の評価、国際マクロ経済学、AD-ASモデル分析、経済成長と経済循環の理論、経済政策論争がどのようなものか理論的に、数学的に説明することができる。
・以上の理論を、分析対象に応じて適切に組み合わせることで、経済全体を体系的かつ有機的に捉えることができるようになる。
そして、それらを現実の経済問題と関連付け、理論的にとらえ直すことによって、その構造や原因を自分の力で追及し、解決策を提示することができるようになる。
・学習の結果として、公務員試験(地方上級レベル)で頻出される経済学分野の問題を80%以上正答できるようになる。

科目情報

学習内容 概要

第1回 消費者行動の理論と数学的分析

・「効用最大化」を前提とした消費者の消費行動をどのように理論的に、数学的に説明することができるか学ぶ。
・そして、それらの経済理論をもとに、所得や財の価格の変化によって最適な消費がどのように変化するか学ぶ。

第2回 生産者行動の理論と数学的分析

・「利潤最大化」を前提とした生産者の生産行動をどのように理論的に、数学的に説明することができるか学ぶ。
・微分を用いて生産者の利潤最大化行動を学ぶ。

第3回 市場均衡の安定条件と分析方法

・市場の均衡条件を数学的に学ぶ。
・部分均衡分析と一般均衡分析の応用問題を数学的に学ぶ。
・パレート最適の状態を数学的に学ぶ。

第4回 不完全競争市場の理論と数学的分析

・微分を用いて独占モデル、寡占モデルの市場戦略の理論を学ぶ。

第5回 複占・寡占市場とゲーム理論

・複占・寡占市場の価格戦略モデルを学ぶ。
・ゲーム理論の基礎と応用を学ぶ。

第6回 市場の失敗の余剰分析

・費用逓減産業における自然独占、外部性、公共財による市場の失敗を余剰分析を通して学ぶ。

第7回 国際貿易の理論と数学的分析

・国際貿易の交易条件と貿易パターンの決まり方を学ぶ。
・さまざまな貿易理論を学ぶ。
・貿易政策による総余剰の変化を学ぶ。

第8回 ミクロとマクロの消費者理論

・ミクロ消費理論とマクロ消費理論を数学を用いて学ぶ。

第9回 45度線分析、産業連関分析から見るGDP

・GDPを45度線分析、産業連関分析を用いてマクロ経済を分析する方法を学ぶ。

第10回 マクロ投資理論

・マクロ経済学における投資の決定理論を数学的に学ぶ。
・金融理論を用いて資産価格がどう決まるか学ぶ。

第11回 IS-LMモデル分析の基礎

・IS-LMモデル分析を用いて、財政・金融政策の有効・無効になる条件を学ぶ。

第12回 IS-LMモデル分析の応用

・IS-LMモデルを応用問題を学ぶ。
・不胎化政策の欠点と利点を学ぶ。
・クラウディングアウトを分析する。
・さまざまな金融政策の手段を学ぶ。

第13回 国際マクロ経済学

・さまざまな為替レート決定理論を学ぶ。
・マンデル=フレミングモデルを用いて開放経済における財政・金融政策の効果を学ぶ。

第14回 経済成長と経済循環の理論

・ケインズ派と古典派の経済理論の違いを学ぶ。
・物価と雇用水準の関係をAD-ASモデル分析を通して学ぶ。
・インフレ需要・供給曲線分析を通じて各学派の経済政策の認識の違いを学ぶ。

第15回 経済政策論争

・3つの経済成長率を学ぶ。
・経済成長と景気循環の理論を学習する。