大手前大学 通信教育部(通信制大学)の異文化コミュニケーション演習

異文化コミュニケーション演習

※下記の科目詳細は2018年度開講科目です。

基本情報

単位数 1単位 授業方法 スクーリング

授業内容

外国文化だけでなく、日本文化の中にも存在する、異なった文化間のコミュニケーション技術を学びます。アクティビティやグループ活動、ディスカッションを多用し、頭だけでなく心と身体で学ぶことができるようになります。

科目情報

学習内容 概要

第1回 アイスブレーク・互いを知る

互いを知ること、「人間関係」を、アクティビティを通じて実感する。

第2回 文化とは何か

映像教材を使って「常識」と「自文化」について学び、異文化を鏡とする「自分自身の発見」について考える。

第3回 コミュニケーションとは何か

コミュニケーションの様々な形について学び、アクティビティを通じて対話の基礎を学ぶ。

第4回 言語コミュニケーション・非言語コミュニケーション・母語・外国語

非言語による意思疎通、母語の重要性、及び「共通語としての」英語習得法について学ぶ。
【演習2日目に向けた課題の提示】

第5回 ステレオタイプと偏見

異文化コミュニケーションを阻害する要因である「偏見」について映像教材を使って学び、グループディスカッションを行う。

第6回 意見の対立と合意の形成

アクティビティを使って、異なった意見の対立とことに異文化間の問題解決の方法について学ぶ。

第7回 文化比較の意味

日本と西欧を対照的に比較し、グループごとにその違いを数分で表現できるようなスキット(寸劇)を作り、演じ、相互評価を行う。

第8回 異文化コミュニケーションの方法

2日間の演習の総まとめを通して、授業終了後に戻っていくそれぞれの「日常世界」における「異文化コミュニケーション」の実践を考える。
【単位修得試験レポート提示・説明】