大手前大学 通信教育部(通信制大学)の日本語教授法A

日本語教授法A

※下記の科目詳細は2018年度開講科目です。

基本情報

単位数 1単位 授業方法 通信授業

授業内容

【ビジネス日本語の教え方】
1)ビジネス日本語とアカデェミック日本語の相違を理解し、ビジネス志望の学生を正しく指導することができる。
2)学習者のニーズを理解して、それの応える教育を行う能力が育成される。
3)実践的なコミュニケーションの指導法を学習し、学習者のコミュニケーション能力向上の訓練ができる。
4)ビジネス日本語教育に必要な日本企業文化の概要を理解し、それを学習者に伝達する能力が育成される。
5)コミュニカティブ・アプローチの基本理論が理解できる。
【コミュニケーションとは】
1)コミュニケーションに関連した各種理論を予備知識として学習できる。
2)コミュニケーションの各種手段を学習し、学習者の指導に役立てる。
3)日本語における言語コミュニケーションの特徴を理解し、学習者の指導に役立てる。
4)日本語の非言語メッセージの特徴を学習し、学習者の指導に役立てる。
5)異文化コミュニケーションの指導法を学び、学習者の指導に応用できる。

科目情報

学習内容 概要

第6課第1部 ビジネス日本語の目標

アカデミック日本語とビジネス日本語の学習目標の違い、ビジネス日本語の教師として必要とされる能力や教育内容について解説する。

第6課第2部 ビジネス日本語の学習者

ビジネス日本語学習者の特性と、ビジネス日本語に必要な能力をどのように訓練すれば良いかを解説する。

第6課第3部 言語教授理論

言語教授理論について解説します。ビジネス日本語教育というものが、どのような言語理論、どのような教授法理論に支えられているのかを解説する。

第8課第1部 コミュニケーションとは

「コミュニケーションとは何か」ということを、その目的、定義、理論、性質、要素など、さまざまな観点から解説する。

第8課第2部 言語コミュニケーションと非言語コミュニケーション

言語を用いて行う「言語コミュニケーション」と、それ以外の要素を用いて行う「非言語コミュニケーション」について解説する。

第8課第3部 異文化コミュニケーション

他の文化や社会について理解を深めるための「異文化コミュニケーション」について解説する。