大手前大学 通信教育部(通信制大学)の日本語教育演習Ⅰ

日本語教育演習Ⅰ

※下記の科目詳細は2018年度開講科目です。

基本情報

単位数 1単位 授業方法 メディア授業/スクーリング

授業内容

・初級の日本語学習者向けの授業を行うために、学習者のレディネス、ニーズ調査を行い、授業シラバスを設計することができるようになる。
・「初級文型」について、「教師が知っておくべき知識」と「学習者に提示すべき点」とを明確に分類し、「学習者に提示すべき点」については、非常に簡単で分かりやすい日本語に言い換えて、説明することができるようになる。
・文献や他者の教案を参考にしながら、入門~初級学習者向けの授業教案を記述することができるようになる。
・自分で書いた教案をもとに、入門~初級学習者向けの日本語の模擬授業を実施することができるようになる。
・他者の模擬授業を見て、相手のことを考えながら、直すべき点を批評したり、いい点を評価したりすることができるようになる。
・模擬授業を通して、同じ志を持つ者同士がマナー良く話し合うことができるようになる。

科目情報

学習内容 概要

第1回 コースデザイン

日本語教育の現状を理解し、その上で初級学習者向けの日本語の授業を行う前の準備段階として、コースデザイン(①学習者のレディネス調査、②ニーズ調査、③シラバス作成)の方法を学ぶ。

第2回 初級文型の指導

構造シラバスで使われる「初級文型」の中から、初級前半で指導すべき文型をいくつか取り出し、授業の前に教師が知っておくべき文型の知識(形、意味・機能、場面・使い方)を調べる方法を学ぶ。

第3回 教案作成

「初級文型」の中から、特に、入門期に導入すべき文型に基づいた教案を作成する方法を学ぶ。

第4回 模擬授業(スクーリング)

「初級文型」の中から、初級前半で指導すべき文型の模擬授業を行う。
模擬授業は、スクーリング形式(大手前大学さくら夙川キャンパス)、もしくはインターネット経由でのオンライン授業システムのいずれかで実施する。