大手前大学 通信教育部(通信制大学)のアメリカの文化と歴史

アメリカの文化と歴史

※下記の科目詳細は2018年度開講科目です。

基本情報

単位数 1単位 授業方法 通信授業

授業内容

日本の文化に多大な影響を及ぼしてきたアメリカの文化と歴史を客観的にとらえ、アメリカで起きているさまざまな事象を理解し議論できるようになる。アメリカに関するニュースと、講義で学んだ内容を結び付けて考えることができる。

科目情報

学習内容 概要

第1回 アメリカの象徴的な事物

アメリカで身近に目にする事物の中から、その国の根底を支える精神を表している物を紹介する。

第2回 アメリカ先住民と文化

アメリカの先住民、すなわちアメリカインディアンの現状と、彼らの来歴、そして以前の暮らしぶりを知り、代々伝えられてきた伝説とメディスンマンたちの言葉も味わってみる。

第3回 アメリカの「発見」~合衆国の成立

ヨーロッパ各地からの探検家、入植者によって今のアメリカが「発見」、開拓され、植民地が合衆国という一つの独立した国家に発展した経緯を学習する。

第4回 奴隷制と南北戦争

アメリカ、特に南部の経済を支えた奴隷制度と、三角貿易、南北戦争、エイブラハム・リンカーン、戦後の南部の反発について学習する。

第5回 領土の拡大~19世紀末

アメリカの独立以降の急速な領土拡大の進捗状況とその影響、水上と陸上交通の進展、工業国として世界のトップにのし上がっていったアメリカについて考える。

第6回 20世紀初頭~1920年代

国家として好調な発展を続けた20世紀初頭から1920年代における、「明」と「暗」の部分について考察する。

第7回 1930年代以降

大恐慌から国を立ち直らせたフランクリン・ルーズベルト大統領と第二次世界大戦、1950年代の反共主義、繁栄を謳歌したアメリカ国民とその対極にあった黒人たちについて考察し、また今日に至るまでの主な出来事を概観する。

第8回 アジア系アメリカ人(中国と日本からの移住)

中国、そして日本からの移民が直面することになったアメリカ人の言動とアメリカ政府の対応、活躍を見せた中国系と日系のアメリカ人などについて考察する。