大手前大学 通信教育部(通信制大学)の調査研究方法Ⅱ

調査研究方法Ⅱ

※下記の科目詳細は2018年度開講科目です。

基本情報

単位数 2単位 授業方法 通信授業

授業内容

本授業では、社会調査の基本から始め、質的社会調査および量的社会調査、中でも量的社会調査を中心に学ぶ。この授業の受講を通じ、自らが社会調査を計画できる能力を取得することが目標である。具体的には以下の通り。
① 社会調査の必要性を問題解決の観点から説明できる。
② 与えられた、もしくは自らが設定したテーマから調査を通じて分析、検証すべき仮説が構築できる。
③ 構築した仮説の検証に適切な調査対象者ないし集団を想定できる。
④ 仮説検証に必要な調査方法を決定し、それに応じた具体的な調査プロセスを決定できる。
⑤ 調査を通じて収集したデータを分析するため、調査方法に応じたデータの集計、整理ができる。

科目情報

学習内容 概要

第1回 社会調査とは何か:イントロダクション

社会調査を学ぶ意味をつかむため、社会調査の全体的なイメージについて解説する。

第2回 社会科学研究と社会調査の重要性

社会科学分野の研究活動において、社会調査はどう位置づけられているか、その重要性について解説する。

第3回 社会調査の目的・対象と方法

社会調査の目的に応じて調査対象を決定し、また量的ないし質的社会調査のいずれの方法を取るべきか、その判断の基準および決定プロセスについて解説する。

第4回 社会調査における調査資料・データの収集と活用

社会調査の設計にて仮説構築の段階で必要となる、既存の社会調査データをどのように収集し、活用すべきか、その手順と方法について解説する。

第5回 調査設計と仮説構築

社会調査の設計における仮説構築の手順と具体的な方法について、「ロジカル・シンキング」の手法を活用しつつ解説する。

第6回 質的社会調査の方法(1)質的社会調査とは何か

質的社会調査を実施するにあたりどのような準備が必要か、複数の手法を紹介し、質的社会調査の手順と方法について具体的なプロセスを解説する。

第7回 質的社会調査の方法(2)インタビュー調査の方法と手順

質的社会調査におけるインタビュー調査について、インフォーマントの選定や、ラポールの構築や構造化/非構造化インタビューの手法などについて解説する。

第8回 質的社会調査の方法(3)フィールドワークの方法と手順

フィールドワークの主要な手法であるインタビュー調査や参与観察について具体的な事例を挙げて解説する。

第9回 質的社会調査の方法(4)フィールドノート作成の方法と手順

インタビュー調査やフィールドワークの記録であるフィールドノートをどのようにまとめ、作成するのか、またそれらを調査データとして活用可能な形にどう整理していくのかについて解説する。

第10回 量的社会調査の方法(1)質問紙調査の概要と手順

量的社会調査における質問紙調査の概要および準備に必要な手順について解説する。

第11回 量的社会調査の方法(2)質問紙調査における母集団と標本

質問紙調査の調査票の作成にあたり、適切な母集団の選定および標本となる集団のサンプリング(特に無作為抽出の手順と、それにおける標本数の誤差)について解説する。

第12回 量的社会調査の方法(3)質問紙調査における調査票の作成と注意点

質問紙調査の調査票の作成の手順と注意点、特に質問項目の個数や内容・表現(ワーディング)などといった注意すべき点について解説する。

第13回 量的社会調査の方法(4)調査票の点検と調査票の配布・回収

質問紙調査において調査票の事前確認から配布、回収に至るまでの手順と注意点について解説する。

第14回 量的社会調査の方法(5)調査データの集計・整理

質問紙調査を実施し、得られたデータを入力・集計するうえで、必要な作業(エディティング、コーディング、クリーニング)について解説する。あわせて、データ分析が円滑に行えるよう集計したデータの管理方法についても解説する。

第15回 全体のまとめ:現代社会における社会調査

これまでの授業をふりかえり、現代社会における社会調査の意義や必要性について解説する。