大手前大学 通信教育部(通信制大学)の日本語表現

日本語表現

※下記の科目詳細は2018年度開講科目です。

基本情報

単位数 2単位 授業方法 通信授業

授業内容

 社会生活の中で正しく情報を受信し、また相手に自分の意図が正しく伝わるように発信するための日本語能力を養います。日本語の発声や発音、慣用句やことわざなどにも着目し、さまざまな文章に触れることで「読む」能力を伸ばすと共に、ディスカッションなどを通して「書く」能力も身に付けていきます。

科目情報

学習内容 概要

第1回 社会生活と自己表現

コミュニケーションと日本語、話しことばと書きことば、挨拶やその受け答えなどについて、学ぶ。

第2回 音声表現

日本語の発声や発音について学ぶと共に、美しい日本語や魅力的な話し方、また話し方の基本とスピーチの方法を身に付ける。

第3回 語彙と表現

語彙の特徴や分類、修辞法や慣用句、比喩、ことわざ、四字熟語、漢字の標記、同訓・同音意義語などについて学ぶ。

第4回 ディスカッション

設定されたテーマについて発表し、他の受講者の発表についての感想を述べる。

第5回 敬語の基本

尊敬語・謙譲語・丁寧語の違いを理解し、正しく用いることができるようになる。

第6回 間違いやすい敬語

社会生活の中で間違いやすい敬語について考え、正しい敬語を身に付ける。

第7回 ビジネスでの日本語

ビジネス場面での日本語について学び、社会人としての基本を身に付ける。

第8回 中間まとめ

第9回 さまざまな文章

文章の種類を理解し、美しい日本語の文章に触れる。

第10回 原稿用紙の用法

原稿用紙に正しい規則で文章を書くことを学ぶ。

第11回 文章の構成と推敲

序論や本論といった文章構成やパラグラフなどについて学び、目的に合った文章を作成する。

第12回 手紙とはがき

手紙やはがきの書き方のルールを学び、美しい文書を書くことを目的とする。

第13回 ビジネス文書

さまざまな種類のビジネス文書について学び、目的に合った正しい文書を作成する。

第14回 レポート作成

レポートを書くときのルールや構成について学ぶ。また実際に履歴書やエントリーシートなどを書き、社会生活に活かす。