大卒資格を取得して所得を上げたい方へ

大手前大学 通信教育部

大卒資格を取得して所得を上げたい方へ

大手前大学 通信教育部

お問い合わせはこちら 0120-3229-24 海外からはこちら 0798-32-7546 受付時間:9:00〜17:00(土曜日は9:00〜13:00、日曜日、祝日は休み)

  • フォームよりお問い合わせ
  • 資料請求 無料

大卒資格取得をめざすあなたへ

働きながらつかむ大卒資格。無理なく学べる通信教育で、もう一度めざす理想の自分。

24時間いつでも
どこでも学べる!
授業も試験も
オンライン!
仕事に役立つ知識を
きっと身につけられる!
授業は必修なしの
完全自由選択制
四年制大学
ならではの
専門資格を取得!

キャリアに活かせる

  • ※受講される科目や取得希望資格によってはスクーリングが必要です。

「大卒資格」取得のススメ! “学歴”が収入を左右する より良い条件で働くために欠かせないのが、転職時の選択肢を広げる大卒資格。しかも、その有無によって転職後の収入やキャリアアップにも大きな差が生まれます。まずは学歴がもたらす収入や転職への影響を、事例とデータから見てみましょう。

応募できる企業に“差”が出る 実務能力の習得には、教養をはじめとする“基礎能力”が必要。その力を持っているかどうかの判断材料になるものが「大卒資格」です。実際に学歴を採用条件のひとつに設けている求人は、なんと全体の約6割にものぼります。自分の望む仕事や収入を得るためにも、大卒資格は不可欠なものなのです。 出典:転職なら、求人情報・転職サイト「DODA」中途採用の実態調査 学歴不問40% 学歴を問う60% [2013年データ] 数多くの企業が学歴を見ている
所得に“差”が出る 高卒と大卒の差はやはり所得。若い時には大きな違いを感じなくても、30歳を境に広がりは顕著に表れ、ピーク時(50〜54歳)には年間<男性>約196万円、<女性>約174万円もの賃金差が生じます。特に男性は女性に比べて、その差も大きくなる傾向にあります。 ※出典:厚生労働省「平成27年賃金構造基本統計調査」 取れる資格に“差”が出る 専門分野の資格には、関連学科の学びを経た大卒者しか取れないものも数多く存在します。こうした実践的な資格は、転職時の選考時に重視される要素のひとつ。資格手当を採用する企業も多いため、所得にも影響を及ぼします。 短大・大卒以上が条件となる資格試験の例 社会保険労務士 精神保健福祉士 理学療法士 安全管理者 農業カウンセラーなど
たとえ大学での学びを経験している人でも、修了の証である「大卒資格」がなければ、めざす仕事や収入を得るためのハードルは高くなります。もし“大学中退”という過去を悔やんでいるのなら、今、少しの投資で「大卒資格」を取っておくことがオススメです!

今からだって遅くない!

大手前大学ならいつでも大卒資格への再挑戦が可能です!
毎日忙しくても、大手前なら大丈夫!
あなたの意欲に応える学びを用意しています。

忙しいあなたでも、最短1年で大卒資格が取れる!

大学中退や短大卒など、これまでに修得した単位を有効に生かせる! 多様な学びの経歴に合わせ、1年次からの入学だけでなく、2年次、3年次、4年次それぞれの編入学が可能です。その際は、修得済みの単位を一括で認定し、それまでの学びを最大限に生かします。4年次編入学の場合、最短1年で卒業することも可能です。
学びのポイント

今すぐ転職活動を始めたいという人でも大丈夫!

これまでの学びを生かす! 「2〜4年次の編入学」 短期大学・専門学校を卒業されている場合、最短1〜3年間で大学卒業資格を得られます。 4年次編入学の場合 最短1年で卒業
卒業に必要な単位を抑えたい! 「単位の一括認定」 単位数を一括で認定する制度です。編入学の場合、この制度を活用することで、これまでの学歴を最大限に生かし、入学後の負担を減らすことができます。
大学中退・短大卒の方は、「大卒資格」への距離が近い! 大卒資格の取得と聞くと、何となくハードルが高いように感じてしまうもの。しかし大手前大学には、これまでに修得した単位を認定するシステムがあります。短大卒の方は、すでに大卒資格の取得に必要な単位のうち、半分程度の単位を修得しているはずですし、自分には無理…とあきらめる前に、在籍していた大学や短大に修得単位数を確認しましょう。もしかすると、あと少しの単位を得るだけで大卒資格が取れる状況かもしれません!大卒資格を持っているかどうかは、所得にも大きな差をもたらします。その差が顕著になる30歳以降を見据えて、早めに動き出すことがオススメです。 ※本学は、卒業または単位修得された学部・学科は問いません

CASE01 短大を卒業した時の単位って、認定してもらうことはできるかな? → もちろん可能です!3年次に編入することで、最短2年で卒業できます。

CASE02 大学を中退してすごく後悔…。なるべく短期間でもう一度卒業をめざしたい! → 要件を満たしていれば4年次への編入ができるため、最短1年での卒業がめざせます!

いつでも、どこでも、自分のペースで。気軽に続けられる学修システム

授業も試験もオンライン!24時間いつでもどこでも学べる。 時間に不規則なアルバイトや、大学の学びに馴染めなかった人でも、大手前大学の通信教育部なら大丈夫!24時間対応のオンライン学修システムで、いつでもどこでも自分のペースで気軽に学べます。また、一般の通信制大学にありがちな「指定会場でのテスト」も一切ナシ!普段の授業から試験まで、すべてがオンラインのみで済ませられます。
バイトの出勤時に昨日の復習 バイトの休憩時に課題の勉強 帰りの電車で試験勉強 寝る前に試験
オンラインでの勉強だけで卒業可能!

スクーリングなしで卒業可能!大学に通う必要はありません。 在宅で学修可能なメディア授業が、スクーリングの単位として認められています。多忙な方や遠方の方でも学びやすいシステムです。eラーニングだけで卒業することもできます。 ※受講される科目や取得希望資格によってはスクーリングが必要です。 ※設定心理士の取得にはスクーリングが必要となります。

「時には実際の教室でみんなと学びたい!」という人には… 実際のキャンパスや教室での学びを体験できるスクーリングを開講※。札幌から福岡まで、幅広い地域をカバーした7つの会場を設けているので、自宅から近いスクーリング拠点へ気軽に通えます。ともに夢を追う仲間と顔を合わせながら、リアルなキャンパスライフを楽しみましょう! ※スクーリングには定員を設けています。科目によっては受講できない場合もあるのでご了承ください。 アクセスはこちら

毎日、毎日、夜遅くまで仕事…。勉強はいつすればいいの? → 24時間いつでも使える学修システム! 出勤前の「朝活」で効率的に学びましょう。

なかなか自分の時間が取れない。大学なんか通えるわけないよ…。 → スクーリングは一切不要!自宅学修だけで卒業が可能です。 ※卒業要件に必要なスクーリング単位をすべてメディア授業で修得した場合

来月から地方で期間バイト。勉強時間なんて取れないだろうなぁ…。 → 3ヵ月単位のクール制で履修登録が可能。その時々の状況によって学修量を調整できます。

必修科目は一切ナシ!自分の興味ある学びを楽しめる

150科目もの多彩なカリキュラム。学びたいことがきっと見つかる! 150もの科目がラインナップされた、多彩なカリキュラムも大手前の大きな魅力。身につけたいスキルやめざす職業など、自分の興味・関心に合わせて欲しい知識が磨けます。オーダーメイド型の自由な学びで、あなたの可能性を広げてください!

大学の学びに不安のある方も安心! ”大学での学び”を学ぶ「アカデミックスキル」科目を親切! 学びたいすべての人のために、大手前大学では「アカデミックスキル」科目群を設置しました。アカデミックスキルとは、大学生としての学びに必要な論理的な思考力や、その思考をレポートとしてまとめ人に伝えられるなどのスキルのこと。大学の学びに不安のある方も、学修方法や学びの基礎からしっかりと学べます。

学びのガイドライン「3つのメジャー」 あなたが、役立つ知識を効率的に身につけられるように、学びのガイドラインとなる3つのメジャー(専攻科目群)を設けています。「心理学メジャー」「ライフデザインメジャー」「ビジネス・キャリアメジャー」は、いずれかに重点を置く、あるいはそれぞれを柔軟に組み合わせ、横断的に幅広く学ぶ場合でも、いま自分に何が身についているのかの指針になります。

科目の詳細はこちら
必修科目ナシ!必要な知識だけをしっかり磨ける。 大手前大学通信教育部の大きな特長は、必修科目が一切設定されていないこと。学生自身が履修科目を選択できるので、興味や目的に応じて自由に学びを楽しめます。
前から興味のあった心理学を学びたい! 公務員をめざしたい!

CASE01 やりたいことがたくさんあるから、興味のない分野を学ぶ時間なんてないよ! → 必修科目は一切ありません。あなたの興味ある分野だけを学べます。

CASE02 前の大学には学びたい授業がなくて…。通う意味がないからやめちゃった。 → 136科目もの多彩なカリキュラムがあなたの興味に応えます!

勉強のブランクも心配無用!学生満足度90%の充実サポート

通信教育だからといって不安にならないで。気軽に相談できるサポート体制があります。 の見えない通信教育には、学生を孤独にしない支えが大切だと大手前大学は考えます。様々な場面に対応できる充実のスタッフサポートで、学生の不安を取りのぞきます。

サポート01 キャリアサポート 専門スタッフによるキャリアカウンセリングでキャリア設計を支援します。 オンライン・キャリアサポート 正科生は、就職や転職について不安なことがあれば、パソコンや携帯からオンラインで気軽にキャリアカウンセリングを受けることができます。 対面キャリアカウンセリング 正科生は、対面のキャリアカウンセリングも実施していますので履歴書・職務経歴書の書き方をはじめ、さまざまなアドバイスが個別に受けられます。

サポート02 学修サポート eラーニングでの学修中、el-campusから担当教員に直接質問ができるだけでなく、専任の学習アドバイザーが「学修面での疑問点・履修内容の確認・パソコンの使い方」など、さまざまな疑問にお電話やメールでサポートします。「対応が丁寧」と学生からの厚い信頼が寄せられています。

サポート03 学生サポート 通信教育部の学生に快適な学生生活を送っていただけるように、「el-Campus」内でのコミュニケーションだけではなく、多方面から学生生活のサポートを実施しています。また入学式やオリエンテーションなど、通学制の学生同様のイベントも開催。「大学生」としての生活を楽しんでいただけるのも本学の特長です。

学内イベントが大充実!もう一度キャンパスライフを楽しもう!

入学式 大手前学園総合入学式では、大手前大学、短期大学、専門学校の新入生が一堂に会し、新しい学生生活への一歩を踏み出します。 入学オリエンテーション(4月・10月・12月) カリキュラム説明や履修登録講習会のほか、それぞれの目標に合わせた個別指導を開催。在学生向けの学修相談会も開かれるので、学びの内容を見直したい人も安心です。

さくら祭(4月) 学生と地域の人々が一緒に楽しめる一大イベント。桜の名所に位置する「さくら夙川キャンパス」が舞台となります。通信教育部の学生交流会も行われるので、仲間の輪も大きく広がります。 夏季学生交流会(8月) 毎年恒例の学生交流会は、普段はパソコンでしか会えない教員や学習アドバイザーと直接触れ合うチャンス。楽しい時間を過ごしながら、信頼関係を深められます。

大手前祭(11月) 毎年多くの来場者で賑わう学園祭。通信教育部の学生交流会や卒業生ホームカミングも同時に開催されます。“ここに来れば必ず誰かに会える”という場所づくりを、大手前は大切にしています。 卒業式(3月) 卒業証書や学位の授与式が行われる卒業式。これまでの努力の証を手にした瞬間、大きな達成感を感じられるはずです。

詳細な年間イベントはこちら

CASE01 実はパソコンが大の苦手。こんな私でもオンライン授業ってできるの? → 頼れる学習アドバイザーに、電話で気軽に相談できます。

CASE02 転職を前提に大卒資格をめざす僕。でも磨いたスキルに合った仕事に就けるかな? → キャリアカウンセラーが、対面で転職に関するアドバイスをします。

安心の学費システム!追加費用が発生しない「学費定額制」

基本的な学修費用はすべて授業料に込み。不安のない明朗な学費システム 正科生の授業料には、教材費やスクーリング受講料、単位修得試験受験料などがすべて含まれています。後々の追加費用が発生しない安心・明朗な学費システムも、大手前大学通信教育部の大きな魅力です!
1年間あたり316,000円(年間最大42単位まで)卒業延長時一律年額 50,000円(在籍料24,000円含む) 卒業を延長したい場合も学費負担が大幅に軽減されます。(年間履修上限単位数:30単位) ※入学金30,000円(入学年度)、在籍料24,000円(年額)、同窓会費10,000円(卒業年度)が別途必要です。 長期的にじっくり学びたい方はとってもおトク!

CASE01 恥ずかしながら、ほとんど貯金ナシ。でも大卒資格はほしい! → 4年次編入の場合は、316,000円だけで卒業が可能です。 ※1年間あたり316,000円(年間最大42単位まで)。入学金30,000円(入学年度)、在籍料24,000円(年額)、同窓会費10,000円(卒業年度)が別途必要です。

働いている方にピッタリの学びを提供し続けている大手前だから
大手前で学んだ方の学生満足度90.0%
そして!在籍数が増え、学生数約2,200名!在籍者数は開設年度の約10倍! 出願者数は開設年度の約10倍以上

〜応援します、あなたの再チャレンジ〜 めざす仕事と収入のために。今度こそ大卒資格を手に入れよう!

過去に大卒資格をあきらめてしまったあなたにも、まだまだチャンスは広がっています。就きたい仕事やめざす収入…、その憧れこそがさらなる学びの原動力。もう一度、大卒資格に挑むあなたの意欲に、大手前大学は真正面から応えます!

資料請求

カンタン3分入力

通信教育部の資料を
無料でお送りしています!

  • 大学案内パンフレット
  • 募集要項

入力

パンフレット(無料)をお送りいたしますので、資料請求フォームに入力のうえご送信ください。
必須は必須入力項目になりますので、ご入力をお願いいたします。

お名前
例) 姓:大手前 名:花子
フリガナ(全角カタカナ)
例) セイ:オオテマエ メイ:ハナコ
性別

生年月日

郵便番号(半角数字)
- 例) 662-8552
都道府県

市区町村
例) 西宮市御茶家所町
番地・マンション名など
例) 6−42
電話番号(半角数字)
- - 例) 0798-32-7546
携帯電話番号(半角数字)
- - 例) 090-1234-5678
※ 携帯電話のみお持ちの方は上の「電話番号」の欄にご記入ください。
PCメールアドレス(半角英数字)
(▼確認のため再入力) 例) info-dec@otemae.ac.jp
スマートフォン

上記メールアドレスがスマートフォンの方はこちらにチェックを入れてください。


ご職業
例) 会社員・団体職員