新しい活躍の場は
すぐそこに。
最短2年※1
大卒の日本語教員になれる!
最短2年※1
大卒の日本語教員
なれる!

学生満足度 95.4%※2

2024年4月 国家資格「登録日本語教員」制度スタート

経過措置適用対象

  • 教育実習を
    各所で開講

  • 教育実習以外は
    ネット学修

    だけで卒業可

※1 日本語教員養成課程の修了をめざす場合は、在学2年目以降に教育実習(5日間〜)を受講する必要があります。

※2 通信教育部学生を対象とした「2022年度 通信教育部年度アンケート」による(2023年3月調べ)

文化庁が推進!
今後ますますニーズが高まる
日本語教員

今後回復が見込める、留学生や
外国人労働者からのニーズ

留学・就労・生活など幅広い領域で、日本語教員が必要とされています。ここ数年減少が見られた在留外国人ですが、入国制限の緩和後は再度増加が確認されています。特に、アジア圏の国々からの留学生は今後も一定数の来日があるとみられ、在留外国人に対して、正確な日本語を教えることができる日本語教師への需要も増える見込みです。

01

海外の日本語学習者は379万人。
活躍の場は海外にも!

国際交流基金が発表した「2021年度海外日本語教育機関調査」によると、世界で日本語を学ぶ学生の数は42年前の約30倍にあたる379万人。
一方で教員数の増加率は約18倍と、世界のニーズに日本語教員の数が追い付いていないのが現状です。

02

海外で働くには大卒資格が必要!?

海外で働くためには、それぞれの国の就労ビザが必要です。「日本語の教育」という目的が明確な日本語教員は、比較的容易に就労ビザが取得できます。ただし、例えば日本語学習者の多い中国などは、求人は豊富なものの四大卒でないと申請が通らなくなってきているという現実もあります。必ず必要とは言えませんが、四大卒以上が就労ビザの取得条件になっている国は多く、大卒資格を取得しておく方が道が開けやすいと言えます。

03

2024年4月、国家資格「登録日本語教員」制度スタート

文化庁は日本語教員資格を「登録日本語教員」として国家資格にすることを発表しており、2024年度より制度をスタートさせました。専門的な能力をもった質の高い日本語教員の養成を推進し、質と人員の確保などが国家資格となった背景です。今後の職業的地位の向上が期待されます。

本学の日本語教員養成課程は文化庁の審査基準を満たしたことが確認され、国家資格「登録日本語教員」の「経過措置」適用対象となりました。経過措置適用に伴い、本学で日本語教員養成課程を修了し、所定の試験に合格し登録申請することで、登録日本語教員の資格を取得できます。

なお本学は、文部科学大臣の登録を受けた、実践研修と養成課程を一体的に実施する機関をめざしています。(2024年3月末現在)
※文部科学省における審査の結果、予定した実践研修(又は養成課程)が開設できない可能性があります

大手前大学で
日本語教員
資格を取得するメリット

詳細を見る

専門卒より活躍フィールドが広がる
大卒の日本語教員

日本語教員の活躍の場は、国内外の日本語学校はもちろん、海外協力隊や国際イベントなどのボランティアなど多数ありますが、大卒資格を取ることで、大卒必須の企業の駐在日本語教員や大学の日本語教育機関まで就職先を広げることができます。

四大卒(学士)以上を
必須とする求人が増加傾向

国家資格化を見越してか、国内の日本語学校や、企業の日本語教師の求人の応募資格において、四大卒(学士)以上を必須としている求人が増加傾向にあります。そのような社会情勢の変化も、大学で日本語教員養成課程の修了をおすすめする理由の一つです。

何を教えられるかに差がつく
大手前は教養・文化の学びが豊富

日本語教員は日本語の文法や音声だけ教えるわけではありません。日本の文化やマナー、習慣などを伝えるのも仕事の一つです。大手前大学では約160もの科目から受講科目を選択できます!日本語教員養成課程のカリキュラムに、興味ある科目をプラスして、多彩なスキルを磨いてください。

大手前ならしっかり身に付く

大手前大学通信教育部
学びのポイント!

教育実習以外は
オンライン学修で修了可能

詳細を見る

  • オンライン
    日本語教員養成
    課程(新基準)

  • 現地通学
    教育実習

大手前で日本語教員になるには、「日本語教員養成課程(新基準)」の修了と教育実習(5日間〜)の受講が必要です。教育実習以外の科目はすべてオンライン学修で修了することも可能です。

新基準カリキュラム

教育実習は全国5ヵ所で実施

教育実習は本学キャンパス(兵庫県西宮市)のほか、
東京・名古屋・大阪・福岡でも開講!

短期間で卒業。
あなたは編入学?科目等履修生?

詳細を見る

短期大学卒、四年制大学卒もしくは中退の方は、本学がこれまでの修得単位を認定し、編入学、
または必要な科目だけを取得する科目等履修生として学ぶことができます。いずれも通常より短期間で卒業が可能です。

例えばこんな学び方

2年で
修了

Aさん
短大卒、現役日本語教師

  • 2024年度4月入学 3年次編入
  • 日本語教員
    養成科目受講
    教育実習
    (2年目以降)
    その他の様々な科目受講
  • (2年間で62単位修得)
  • 2026年3月卒業 [大卒資格]取得
    [日本語教員養成課程]修了
2年で
修了

Bさん
四年制大学卒

  • 学修開始(2024年度4月) 科目等履修生で受講
  • 日本語教員
    養成科目受講
    (1年目)
    教育実習
    (2年目以降)
  • (本課程科目から27単位修得)
  • 単位修得 [日本語教員養成課程]修了
2年で
修了

Cさん
正科生4年次に編入学

  • 学修開始(2024年度4月) 4年次編入
  • 日本語教員
    養成科目受講
    (1年目)
    教育実習
    (2年目以降)
    ※科目等履修生で受講
    その他の様々な科目受講
  • (1年間で31単位修得)
  • 単位修得 [大卒資格]取得
    [日本語教員養成課程]修了

Teacher’s Message

大手前大学 国際日本学部 教授
恩塚 千代

通学なしで卒業!
授業も試験も、
オンラインで完結

詳細を見る

時間に不規則な仕事や残業の多い方でも、大手前大学の通信教育部なら大丈夫!24時間対応のオンライン学修システムで、いつでもどこでも自分のベースで気軽に学べます。また、通信制大学にありがちな「指定会場での試験」も一切ナシ!
普段の授業から試験まで、すべてオンラインで学修できます。
※一部の資格取得には、スクーリングの受講が必要です。

4年次編入なら
最短1年で卒業

詳細を見る

多様な入学区分

短期大学・専門学校を卒業されている方、大学に1年以上在学して中退した方は、本学がこれまでの修得単位を認定し、2〜4年次に編入学することができます。4年次に編入すると、最短1年での卒業が可能です。
※日本語教員養成課程の修了をめざす場合は、在学2年目以降に教育実習(5日間~)を受講する必要があります。例えば、4年次編入学をして最短の1年で卒業された場合、卒業後に科目等履修生として教育実習の単位を修得していただくこととなります。

※出願資格例

安心して学んでいただけるよう、
大手前が学修を
しっかりサポート
します
充実サポート
で安心!

詳細を見る

01

24時間どこでもオンラインで受講

時間に不規則な仕事や残業の多い方でも、大手前大学の通信教育部なら大丈夫!24時間対応のオンライン学修システムで、いつでもどこでも自分のベースで気軽に学べます。
また、通信制大学にありがちな「指定会場での試験」も一切ナシ!
普段の授業から試験まで、すべてがオンラインで学修できます。

02

年4回学修計画を調整できる
柔軟な「クール制」

仕事の状況によって学修が計画通りに進まなかったり、変動する国内外の社会情勢によって学びたい科目が変わることも。大手前大学は1年間を約2ヶ月半ごとの学修期間(クール)に分け、履修登録や試験をこれに合わせて行うことができます。

03

担当教員と専任アドバイザーが学修をサポート

eラーニングでの学修中、オンライン学修システム「el-Campus(エルキャンパス)」から担当教員に直接質問ができるだけでなく、学修アドバイザーが「学修面での疑問点・履修内容の確認・パソコンの使い方」など、さまざまな疑問にお電話やメールでサポートします。「対応が丁寧」と学生からの厚い信頼が寄せられています。

04

大学の授業が不安な方には、
アカデミックスキル科目をご用意

学びたいすべての人のために、大手前大学では「アカデミックスキル」科目群を設置しました。アカデミックスキル科目群では、大学生としての学びに必要な論理的思考力や、その思考を学術的な文章としてまとめる能力などを養うことができます。
また、若年者を対象とした担任制による「基礎ゼミナール」では、高校までの学びと大学での学びの違いを比べながら、学修の方法やコツ、自身の進路をどのように設計するかという「キャリア選択」も意識しつつ、社会人として活躍するために身につけるべき能力を育成します。

05

転職のお悩みは
専任スタッフがサポート
「オンラインキャリアカウンセリング」

オンラインで実施のため、通信環境が整った場所であれば、どこでもカウンセリングを受けることが可能。就職・転職に関する相談、履歴書・職務経歴書の書き方など、専門のキャリアカウンセラーによるアドバイスを受けることができます。
※正科生のみ

卒業生/在学生の声

詳細を見る

日本語教員の資格を取得。
新たなキャリアのスタートに期待を膨らませています。

Hさん

将来ベトナムに移住し民宿を経営したいと考えています。その実現のための第一歩として日本語教員の資格取得を決意。また就労ビザ取得のためには学士号が必要なので、日本語教員と学士号の両方をめざせる大手前大学を選びました。同時期に転職と進学が重なったのですが、オンライン受講が中心なので仕事と両立できると判断。動画授業の倍速視聴や科目試験のオンライン受験など、思っていた以上の学びやすさがあり、挫折することなく継続して勉強できたことは大きな自信になりました。日本語教育実習では、5日間みっちりと実践的な指導経験を積むことができました。特にティーチャートークといって、日本語学習初級者が理解しやすいような話し方や言葉選びを訓練できたことが良かったです。授業づくりも経験し、バックパッカーでの体験を取り入れた内容には生徒から「おもしろかった」と感想がもらえ、初めて教える喜びを噛み締めることができました。卒業後、日本語学校に内定をもらえたので、新たなキャリアのスタートに期待を膨らませています。

日本語教員としてのキャリアアップをめざし、専門的に学べる通信制大学へ。

Tさん

非常勤講師として日本語教員のキャリアをスタートさせるも、制度の見直しにより国内外で活躍するには大卒資格が欠かせないことを知りました。卒業率の高さなどに注目して大学を検討していたときに、先輩講師から「日本語教育に特化した大学ある」と紹介されたのが大手前大学でした。スクーリングがなく、オンラインでの学修だけで卒業できることも入学の決め手になりました。印象的だったのは、先生方の指導方法でした。話し方や間のとり方、教材など学修意欲を高めるための様々な工夫があり、一方的に教わるのではなく、学生が能動的に考え、理解が深まる授業でした。自分が体験した学修を通して発見した学ぶ楽しさを日本語教員の指導にぜひ生かしたいと思います。

"学びたい、知りたい”と思ったら行動する!
大手前の学びが生涯学習の基盤になりました。

Wさん

ドイツ人の夫と生活をしていると、「気を付けてね」の「ね」ってどういう意味といった、日本語に関する質問をよく受けます。私自身も答えに詰まることが多く、自分で調べていくうちに、日本語教育に興味を持ちました。大手前大学を選んだ理由は、自分のライフスタイルに合わせて学修できるeラーニングや、専攻に関係なく興味がある分野を学ぶことのできる履修制度に魅力を感じたからです。実際に履修してみると、教科の達成度がパーセンテージで表示されるため状況を把握しやすく、仕事や家事と両立しながらでも学修計画通りに進めることができました。また、日本語教育能力検定試験対策ができる科目もあり、無事に合格することができました。行き詰まることもありましたが、熱心な指導と細やかなサポートのおかげで卒業時には優等賞を受賞することができました。"知りたい"という気持ちと、好奇心を大切にして、一生涯、学び続けたいと思います。将来は、日本語や食文化を通して日本の魅力を伝えていきたいです。

卒業生/在学生の声一覧

大手前の通信は
学費もリーズナブル!

詳細を見る

学費は一般的な私立大学の1/3!
追加費用が発生しないシンプルな学納金設定で
安心して学ぶことができます。

1年間
あたり
326,000

  • ※ 入学金20,000円(入学年度)、在籍料24,000円(年度額)、同窓会費10,000円(卒業年度)が別途必要です。
  • ※ 上記は4月入学生の学納金です。
      10月入学は入学年度と卒業年度の在籍料および授業料は半年(6ヶ月)分の費用となります。
  • ※ 資格の取得や、教育実習の受講を希望する場合は、別途費用が必要です。

長期的にじっくり
学びたい方は
とってもおトク!

卒業延長時
授業料
一律年度額

50,000

(在籍料24,000円は別途徴収)
卒業を延長したい場合も
学費負担が大幅に軽減されます。

データで見る
大手前大学 通信教育部

詳細を見る

在籍者数推移

学生数(正科生)約3,000名。

在籍者数は解説年度の15倍

大手前大学通信教育部はオンラインでの学びやすさが認められ、年々在籍者数が増えています!

学生満足度

大手前で学んだ方の
95.4%が満足と答えています

学生満足度96.1%

※通信教育部学生を対象とした「2022年度 通信教育部年度アンケート」による(2023年3月調べ)

資料請求

何歳からでも、働きながらでも。
あなたの可能性を広げませんか。

資料請求は以下フォームからご入力ください。

内容物 ●案内パンフレット ●募集要項

入力

パンフレット(無料)をお送りいたしますので、資料請求フォームに入力のうえご送信ください。
必須は必須入力項目になりますので、ご入力をお願いいたします。

お名前
例) 姓:大手前 名:花子
フリガナ(全角カタカナ)
例) セイ:オオテマエ メイ:ハナコ
性別

生年月日

郵便番号(半角数字)
Japan - 例) 662-8552
都道府県

市区町村
例) 西宮市御茶家所町
番地・マンション名など
例) 6−42
電話番号(半角数字)
- - 例) 0798-32-7546
携帯電話番号(半角数字)
- - 例) 090-1234-5678
※ 携帯電話のみお持ちの方は上の「電話番号」の欄にご記入ください。
メールアドレス(半角英数字)
(▼確認のため再入力) 例) info-dec@otemae.ac.jp
ご職業
例) 会社員・団体職員