入学・手続きに関するご質問 - 大手前大学 通信教育部(通信制大学)

入学・手続きに関するご質問

入学について

願書に貼付する写真はデジタルカメラやスマートフォン等で撮影した写真を使用できますか?
可能です。自身で撮影・印刷した写真でも構いませんが、本人写真条件を満たしているか必ずご確認ください。
※自身で撮影された写真は条件を満たしていないものが多いため、証明写真機などで撮影・印刷された写真を使用することを推奨します。
大学通信教育部の課程は、通学制の大学の課程とどう違うのですか?
学修方法が違うだけです。
卒業時にはどちらも学士の学位が授与されます。
入学時期はいつですか?
全入学区分ともに4月と10月です。
出願時期により入学時期や卒業時期、学修開始可能時期が異なりますので、詳しくは2019年度4月入学 学生募集要項をご覧ください。
2019年度10月入学については現在未定です。

資料請求(郵送)
 
入学試験はありますか?
筆記試験、面接試験はありません。正科生は出願書類および志望理由書による選考を行い、科目等履修生、聴講生は出願書類のみで選考を行います。
入学時の年齢制限はありますか?
18歳以上で、各入学区分の出願資格を満たしていれば、年齢の上限は特にありません。
正科生として入学した場合、在学できる年数は最長何年ですか?
最長の在学期間は、正科生1 年次入学は8 年、正科生2 年次編入学は7 年、正科生3 年次編入学は6 年、正科生4 年次編入学は5 年です。
大学卒業資格は必要なく、好きな科目だけを学修したいのですが可能ですか?
可能です。本学の入学区分では科目等履修生と聴講生の2 種類があります。いずれも、希望する科目を1 科目から履修することができます。
①科目等履修生… 履修した科目の単位を修得することを目的とし、学修後、単位修得試験を受験し合格すれば単位を修得することができます。
②聴講生… 受講科目の聴講を目的とし、学修のみで単位修得試験は無く、単位の修得はできません。
最終学歴が中学校卒業ですが、入学は認められますか?
正科生および科目等履修生としての入学はできません。ただし、高等学校卒業程度認定試験(旧称:大学入学資格検定)に合格した方および2019年3月合格見込者は入学可能です。聴講生は2019年4月1日時点で満18歳に達している方であれば最終学歴にかかわらず入学可能です。
高校卒業後、専門学校に通いながら通信教育部への入学は認められますか?
はい、入学可能です。専門学校は学校教育法に定める大学等にあたりませんので、二重学籍とはなりません。

※二重学籍についてはこちらを参照ください。
短期大学または大学・大学院に正科生として在籍しながら、大手前大学通信教育部で学ぶことはできますか?
正科生として入学することは、二重学籍となりますのでできません。ただし、本学の科目等履修生もしくは聴講生として学修することは可能です。
身体に障がいがある場合でも、入学は認められますか?
可能です。詳しくはこちらをご覧ください。
不明な点は、出願前に通信教育部事務室(TEL:0120-3229-24)までお問い合わせください。
正科生として入学した場合、卒業することによってどんな学位が得られますか?
卒業することで得られる学位は、学士(学術)となります。
出身校の卒業証明書の氏名が旧姓です。願書の提出には戸籍抄本などの書類が必要ですか?
入学願書の氏名記入欄に( )で旧姓を記入いただく箇所があります。
そちらに記入いただければ、特にお名前に関する証明書類は必要ありません。
※氏名両方、もしくは名が証明書と異なる場合は、出願前に通信教育部事務室までお問い合わせください。

 
出身校が既に統廃合されています。証明書を取り寄せるにはどうすれば良いですか?
まずは、出身校が設置されていた都道府県にお問い合わせください。
Webカメラは必ず要りますか?
正科生の方は本人確認のために必要となります。本人と認証ができない場合は単位認定を行いません。また、在籍も許可しませんので、入学までに必ずご準備ください。また、メディア授業(ライブ型)など履修する科目によってはWebカメラが必要となりますので、学修開始までに必ずご準備ください。
Webカメラに必要なスペックについてはこちらを参照ください。
日本語教員養成課程(新基準)の修了を希望しています。現在、他の4年制大学に在籍しており2020年3月に卒業見込です。2019年度に大手前大学通信教育部に科目等履修生として入学し、在学2年目(他大学で学士取得後)に日本語教育実習を受講することはできますか?
できません。科目等履修生で日本語教員養成課程(新基準)の修了をめざす場合は、本学入学の時点で学士を有していることが条件となります。ただし、正科生にて入学される場合は、在学2年目以降であれば教育実習の受講は可能です。
出願時期によって有利、不利はありますか?
出願期間内であれば、選考上の有利、不利はありません。
ただし、出願時期によって学修開始時期が異なりますのでご注意ください。
出願書類を送付ではなく、持参することはできますか?
可能です。出願期間中の平日:9:00〜17:00、土曜日:9:00〜13:00 に通信教育部事務室(さくら夙川キャンパス)にお越しいただければ受け付けます。
※受付時間は都合により変更となる場合がありますので、来学前に必ずお電話等でご確認ください。

通信教育部事務室(さくら夙川キャンパス)
インターネットエントリーについて教えてください。
出願希望者は本Webサイトよりインターネットエントリーが可能です。エントリー期間は各出願期間の開始日9:00から最終日の17:00までとなります。
※インターネットエントリーのみでは出願が完了したことにはなりません。出願に必要な提出書類を角2封筒に入れ、簡易書留で本学に郵送してください。詳細は下記ページよりご確認ください。

インターネットエントリー

編入学について

専門学校を卒業していますが、編入学は可能ですか?
可能です。ご卒業の専門学校のカリキュラムにより、下記の通り編入学可能な年次が異なります。

◆正科生3年次編入学...修業年限が2年以上で、課程の修了に必要な総授業時間数が1,700時間以上の専門学校をご卒業の場合
◆正科生4年次編入学...修業年限が3年以上で、課程の修了に必要な総授業時間数が2,550時間以上の専門学校をご卒業の場合

なお、上記専門学校は大学に編入学が可能な要件を満たす学校(専修学校専門課程)であることの確認が必要です。卒業された専門学校に、直接お問い合わせください。
短期大学・大学を中途退学していますが、編入学は可能ですか?
大学のみ可、短期大学は不可です。詳細は以下を確認してください。

・正科生2年次編入学: 1つの大学に1年以上在学し、30単位以上修得していること
・正科生3年次編入学: 1つの大学に2年以上在学し、60単位以上修得していること
・正科生4年次編入学: 1つの大学に3年以上在学し、90単位以上修得していること
※上記のいずれにも該当しない場合は正科生1年次入学となります。
4年制大学を卒業していますが、編入学は可能ですか?
4年制の大学を卒業されている方、学士の学位を有していらっしゃる場合は本学ではどの入学区分にも出願が可能です。
専門課程でない専門学校を卒業していますが、編入学は可能ですか?
NHK学園(専攻科、社会福祉士養成課程を含む)、職業能力訓練校、大学校などを卒業されている場合は、編入学の対象にはなりません。また、単位認定もできません。
放送大学を卒業していますが、編入学は可能ですか?
可能です。また、中途退学している場合でも上記「短期大学・大学を中途退学していますが、編入学は可能ですか?」の条件を満たしている方は各年次への編入学が可能です。
海外の大学を卒業(退学)していますが、編入学は可能ですか?
都度確認をいたします。お手元に卒業証明書(在籍期間証明書)および成績証明書をご用意いただき、通信教育部事務室(TEL:0120-3229-24)にご連絡ください。回答までに数日お時間をいただくことがありますのであらかじめご了承ください。

既修得単位の認定について

専門学校・短期大学・大学を卒業・退学しているのですが、すでに修得している単位の認定はどの程度可能でしょうか?
本課程では一括認定方式を採用しており、入学年次によって以下の通り既修得単位の認定単位数があらかじめ決まっています。
・正科生2年次編入学:30~31単位
・正科生3年次編入学:60~62単位
・正科生4年次編入学:90~93単位
※正科生1年次入学の方で既修得単位の認定を希望する方は、上限を60単位として修得済みの単位数を一括で認定します。

※申請のない場合は既修得単位認定を行いませんのでご注意ください。
現在、本課程の科目等履修生として在籍していて、約20単位修得予定です。2020年度から正科生で入学し、卒業を考えているのですが、単位を修得した場合は既修得単位として認定してもらえるのですか?
正科生1年次入学の方は60単位を上限に認定します。
正科生2~4年次編入学の方は、スクーリングおよびメディア授業(ライブ型含む)で修得した単位に限り、入学区分ごとに定められた一括認定範囲内の単位として認定します。
入学後に、卒業した大学等の単位を改めて認定してもらうことは可能でしょうか?
卒業した大学などの単位認定は、入学時のみ受け付けます。にゅがくごには認定できませんのでご注意ください。
卒業した大学は、現代社会学系ではありませんが、単位認定してもらえますか?
卒業された大学等の学部や学科に関係はなく、入学年次によって一括して一定数の単位認定を受けることができます。
入学前に取得した資格による単位の認定は可能ですか?
できません。本課程では資格の取得は単位の認定対象としていません。在学中に資格を取得した場合も同様に、単位の認定対象ではありません。

学費・諸費用について

学費はいくらですか?
必要な学費は、正科生、科目等履修生、聴講生によって納付金額が異なります。詳細は下記ページよりご確認ください。 

学費について
授業料の分納制度はありますか?
分納制度はありません。一括納入のみとなります。
納付期限を過ぎた場合、入学年度は入学許可の取消や除籍処分の対象となります。

学費について
正科生の定められた修業年限での卒業を考えていません。その際の学費はどのようになりますか?
修業年限を超えてからの学費は年額50,000円(在籍料24,000円を含む)となります。ただし、年間上限履修可能単位数は30単位となります。
※在学年限を超えて卒業延長はできません。